スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

南国の女王

ここ数日、頭の中がマンゴスチンでいっぱいです。

南国で採れる果物の女王と呼ばれる果物。
何がきっかけかはわからないけれど、ある日突然マンゴスチンが気になり始め、日に日にマンゴスチンへの興味が増していく。

マンゴスチンという名前はどういった由来でつけられたのかしらん。マンゴーと名前が似ているけれどみかんと伊予柑みたいな関係なのかしらん、それとも全く別物なのかしらん。

どんな味がするのかはわからない。

味のみならず、その姿も見たことがない。
「果物の女王」と「南国」というキイワードと「マンゴスチン」という名の響きからきっと美味しくてたまらないのだろうと想像しております。

果物の王様はドリアンだけれど、マンゴスチンは女王だからあんなトゲトゲした外観はしていないはずだと確信しております。
グーグルの検索窓に入力すれば、マンゴスチンがどんな姿をしているのか簡単にわかるのでしょう。

実際に食した人の感想なんかも見られるはず。

しかし検索をして調べようとは思わない。
手っ取り早く知ってしまえば、頭の中がマンゴスチンでいっぱいになってしまって他のことに気が回らないなんてことは解消されるでしょう。

けれどもいつの日かマンゴスチンを味わう機会ができた時の感動が薄れてしまったら…と思うのです。


私は現在ダイエット中の身でありますが、色々な食材を味わうということが大好きでありまして、食べてみたい食べ物がしょっちゅう出てきます。

過去に私の心をかき乱して、勉強やらその他もろもろにおいて邪魔をしたものというと生ハムメロン、からすみ、ふぐ、サザエ、初鰹、そして料理ですがナシゴレンなどがあります。

10代の女子ならスウィーツの名前でも挙げておくべきなのかもしれませんが致し方ない。


ここしばらくは、ある特定の食べ物が私の心に入り込むということはなかったのですがその隙を知ってか知らぬかマンゴスチンが。

なぜこんなにも気になってしまうのか。

罪な果物です。

2010/06/18 02:37 |From MobileCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  

コメント

マンゴスチン・・・シンガポールで食べたかな?!
果物の女王?
ドリアンは食べたことないけど
もっと美味しいフルーツはたくさんある!

マンゴスチンを食べたその時点では、
そう感じましたよ^^

ふわなまドーナツは
その食感に感動でしたが!(爆)

No:963 2010/06/21 01:10 | てにまま #.I.8kfCM URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。