スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

積読書

100206_0046~01.jpg

海外文学はつい積読書にしてしまいます(´・ω・`)

ドストさんはカラマーゾフも夏休みに読む!と買ったのにまだ読んでないし…

朗読者は予想してたより堅くて……

薄いのに読み進まない……

城とアリスは割と最近買ったもの。


他にも第三若草物語、太宰の晩年が積読書。

読む本はあるのに今求めてる本はこれじゃないの!とね、新しい本を買ってしまうし、図書館で借りてきてしまうのです。


冬だし学校は休みだし、ドストエフスキーや城を読む絶好のチャンスではあるものの、今読みたいのはヘッセだったり、島本理生だったりします。

伊藤たかみも読みたいなあ

ま、私は買った本はどんなにつまらなくてもかならず読み切るのでドストさんやカフカは機が熟したら読んでやろうと思います。

2010/02/06 01:03 |From MobileCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。