スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

セルフ

私は、今まで月に数十冊の本を買っていたんですが給料が減ったのと支出が多いのとで

買うのをやめて図書館を利用しています。

海外の古典なんかは図書館だと古い訳のものしかないので買いますが。

んで今日も図書館で本を借りてきました\(^o^)/

フラニーとゾーイー/サリンジャー
猫を抱いて象と泳ぐ/小川洋子
ひとり日和/青山七恵
声を聴かせて/朝比奈あすか
温室デイズ/瀬尾まいこ(再読)
いつかパラソルの下で/森絵都(再読)
九つの、物語/橋本紡

なんだか、純文学や重いのはあんまり読みたくない気分だったので軽い小説をチョイス(*・ω・)

温室デイズなんかは内容は軽くないですけれどw

サリンジャーは純文学……?

で、

いつもどおりカウンターに行ってお願いしまーす。と言ったら

司書さんが「図書の貸し出しがセルフでできるようになったので、やってみませんか?」と。

先月、私が利用している図書館で検索用コンピューターが新しくなって(検索がすごくしやすくなった(´ω`)、それと同時にセルフ貸し出しができるようになったのも知ってはいたんですが、

なんか面倒くさそうだし、今までセルフ用の機械使ってる人見たことないし……と思って敢えて試したりしてなかったのです。

しかし、今回司書さんに勧められて、教えられるままにやってみたら

すごく簡単で驚いた。

そりゃ、子どもやお年寄りも利用するであろうからややこしいのはいけないけど、思っていた以上にやりやすかった。

それになんだか楽しかった(笑)

バーコードぴっってやると図書名がすぐ出てきたり、前から普通にできることでしたけど自分でやると改めて感動w

私はスーパーのセルフレジが苦手なんですが、これはまた使いたいなーと思いました。

これ以外にも、パソコンや携帯から本の予約ができるようになったり、ホームページの検索がやりやすくなってたりかなり図書館の便利度が上がりまして。

県立図書館や名古屋市内、隣の市の図書館もよく利用するんですが、やっぱり自分の市の図書館が一番好きだと思いました。

しかし、図書館の司書さんって私が子どものころからほぼ同じ人がやっていて、この人初めて見る!っていう人いないんですよね。

もっと大きい図書館は人員もたくさん必要だろうし、どうか知らないけど、司書って狭き門なんだろうなとしみじみ思いましたよ。

2009/12/12 23:11 |DiaryCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。