スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

村上春樹「1Q84」

1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


私の自室には本棚がなく、ハードカバーの本は場所をとるので買わないようにしています。

ので大好きな作家である村上春樹さんの新作も文庫化するまで我慢するか……と思っていたところ、バイト先で仲良くしていただいているパートさんが持っていて、

お借りすることができました.+:。(´ω`*)゚.+:。

読んだ感想・・・結構重かった。ページ数ではなく。

どっしりと腰を据えて読みたい感じ。

私は割りと読むのが早いほうなんですけれども、2週間もかかってしまった。

まぁ、他の本も読みながら読んでいたせいもあるんですが。

村上さんにとって初の三人称で書かれた作品だそうで、ちょっぴり違和感。

村上さんといえば「僕」という一人称で進むイメージだからなあ。

二人の主人公のうちひとりが女性だったところにもびっくり。

根本は今までの村上さんと変わってないなと感じたんですけれども、

今までの作品とは確実に違っていて、それが進歩なのか劣化なのかはまだわからないけれどここにきてまた今までと違うものを作り出したというところは単純にすごいなあと思いました。

今までの作品よりもわかりやすく、万人向けになっている…気がする。

なんとなく終わり方が読めたような気もするので、期待を裏切ってくれないかなという期待を下巻にこめようと思います。

ここからネタバレというか内容にふれます→小説の序盤で、文学を本当に理解している人なんてほんの少ししかいないんだ、的な部分があってこれがすごく印象に残ってまして。

確かに、今の本業界は売れるものが売れている節があるものなあ。

皮肉も混じってると思いますけれども。

「おれが望んでいるのは、文壇をコケにすることだよ」というせりふには村上さんの文学への愛を感じました。

2009/08/23 03:24 |booksCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。