スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

変身

変身 (角川文庫)変身 (角川文庫)
(2007/06)
フランツ カフカ

商品詳細を見る


変身
ある戦いの描写

初めてのカフカ。

変身は言わずとしれた超有名作品ですが

おもしろかった。

単純にエンターテイメント作品として見てもおもしろかったです。

おもしろくもあり、人の本性が見事に書かれているなと思いました。

グレゴールが変身してからの家族の態度は滑稽であり、人間なんてそんなものかっという。

表現がいくらか大げさでは?と感じる箇所もあったんですが、だからこそ一層強くリアルに感じられるという。

虫に変身するっていうこと自体は全然リアルではないけれど。

読み始めるとそういうのもありだと受け入れられるのが不思議。

残酷な話ですけれども、後を引く残酷さではないのでよかった。


ある戦いの描写はカフカの処女作らしいですが……

意味がわからないところが多々とあり、若干読むのが苦痛に(ノω`)

主人公が恩着せがましいということしか感じられなかった。

というか意味云々の前におもしろさがわかりませんでした……orz

意味を考えずに単純に読んだとしても、はてな?となってしまう気がした。

こういうものなの?!

またしばらくしてから読み返してみようと思います。

変身はとてもよかったからカフカとの相性が悪いとは思いたくないんだよなあ。

2009/07/07 00:35 |booksCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。