スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

ストロベリーショートケイクス

ストロベリーショートケイクス [DVD]ストロベリーショートケイクス [DVD]
(2007/04/25)
池脇千鶴中越典子

商品詳細を見る


魚喃キリコ原作の漫画を映画にしたもの。

っていっても原作は読んだことがなく、タイトルがかわいくて惹かれたので観た。

これは……浅野いにおの漫画が好きな人は好きかもしれない!

原作を読んでみたくなって買おうかなーと思ったら1300円もするのねー('A`)

ぶっちゃけ最初の方は退屈だったけれど

観ていくうちに映画の中に引き込まれていって夢中になった。

性描写とかが変にぼかされてなく、リアル。

でも官能的ではなくエロスは感じなかった。

感じないからこそ切なさとか痛々しさ、生々しさが伝わってくるんですけれども。

摂食障害の塔子が食べたものを吐くシーンも生々しかったなぁ。

秋代さんの普段の姿がすごく好きだった。

菊池と一緒にいるシーンがすごく好き。

菊池と秋代さんとのセックスシーンも軽々しくなくよかった。

原作ではどうなのか知らないけれども。


本屋さんのシーンで魚喃キリコさんの名前が出てきたり、塔子の描く絵を見てあれっ?って思ったりもしたんですが魚喃さん本人だったんだねー。

塔子が眠りに入るとき、ヘアバンドを目まで下ろすんだけどヘアバンドに目が描いてあったのがすごくよかった!

ツボ!(´ー`*)

決してハッピーな映画ではないんだけど時間の流れ方がスロウで雰囲気がとても好きな映画だった。

観ていて”うっ”となるシーンもあったけれど後に残らないのでよし。

女性たちがとても綺麗な映画だなとも思った。

しかし安藤政信は絵になる人やねー。

髪が短いほうがかっこいいわ(*´д`*)

「ゴムないよ」って言うシーンが頭から離れません(笑)


2009/02/13 01:50 |MovieCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。