スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 特別版 (2枚組)スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 特別版 (2枚組)
(2008/06/11)
ジョニー・デップヘレナ・ボナム=カーター

商品詳細を見る

アラン・リックマン目当てで……(・ω・)

なんか……そこまで好きではなかった……orz

終わり方はよかったんですが(すっきりしなかったけど)

グロかった。

グロ系、血が出る系は割と平気なほうなんですが、これは見ていて気分が悪くなってしまいました(´・ω・`)

なぜ?あっさり死にすぎるのがあれなのかなぁ。。

ところどころCGでゲームの画面を見てるみたいだなーと思いました。

ミセス・ラヴェットの妄想シーン、サシャ・バロン・コーエン演じるピレリのイタリア訛り英語には笑ったけど。

あと、ピレリの弟子?だった子がミセス・ラヴェットに感謝の気持ちを伝えるシーンはよかったです。

トビー良い子!(*´д`*)

ターピン判事は、自分の娘が結婚を喜んでくれないのはなぜだ?と悩むところがかわいかった。

でも、これまたあっさり死にすぎ……orz

スウィーニー・ドットの目標が果たされたのにさらっと流された気がする。

最後、ドットがトビーに殺されるシーン。

静かに終わったのが余計に悲しみを増幅させるというか。

とにかく救いようのない話だったなーという印象。

アラン・リックマンのかっこよさで目の保養にはなりましたが……(笑)

ラブ・アクチュアリーと一緒にレンタルしてきて、ラブ~を先に見たんですが

映画の後味を考えるとコレを先に見ておけばよかったなーと思ってしまいますw

2009/01/27 14:07 |MovieCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。