スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

女子 段違い平行棒

1.何 可欣(中国)
2.リューキン(アメリカ)
3.楊 伊琳(中国)
4.トウェドゥル(イギリス)
5.コワル(ウクライナ)
6.シモロワ(ロシア)
7.ニストール(ルーマニア)
8.ゾゴバ(ウクライナ)


リューキン惜しかったね……同得点だったのに。

点数出たときは、思わずもっと出てくれればよかったのにと思ってしまった。

B得点もそこまで変わんないんじゃない?って思ったけれども。得点をちゃんと見てなかったからわかんないけど。

小さなミスはあったものの、倒立の姿勢がものすごく綺麗で良かったと思います。

でも団体の決勝の演技が一番良かったなぁ´`

リューキンは、本当に足が長いっ!

中国勢2人は、技の構成がすごかった……

よくそんなのできますね。という(笑)

なんか、これまで中国がいっぱいメダル取ってるから他の国の子にとらせてあげたい!と思ってしまうんだよね……。

トウェドゥル

なんか……離れ技入れすぎでは?(笑)

しかも連続で。

すごいけど、美しいかって言ったらそうでもないわけで。

事実B得点はすごく高かったのにミスのせいで4位だし。

でもイギリス勢にはがんばってほしいものです。

シモロワ

演技が終わって、悔し涙を流している姿にはこっちまで泣きそうになった。

ロシア選手好きなのに、団体でも種目別でもミスが続いて悲しいですわ。

平均台では有終の美を飾ってほしいものです。

日本の虹子ちゃんも出るしねっ。



2008/08/19 06:54 |MatterCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。