スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

男子 あん馬

男子団体の予選を見ていなかったので知らなかったんですけども!

鹿島が決勝出てないのは、予選で落下してたのねー。

メリーゴーランドのとこでの落下だったから、決勝で封印したんだね。

それはともかく結果を。

1.肖 欽(ショウ・キン)(中国)
2.ウーデ(クロアチア)
3.スミス(イギリス)
4.楊 威(ヨウ・イ)(中国)
5.冨田洋之
6.金 誌勲(キム・ジフン)(韓国)
7.アーテネフ(アメリカ)
8.フエンテス・ブスタマンテ(ベネズエラ)

んまぁー、ミスが多い(笑)

新採点方式になってから、こういうパターン多すぎるような気がしますわ。

肖 欽は、さすがスペシャリストという感じでした。
せっかくの種目別なんだからパーフェクトな演技をしてほしかったですけども。

ウーデは、メダルが取れてすごくうれしそうでしたね。

スミス、大きなミス(これもまさか)が続いてメダルはないかなと思ったんですが、まさかの銅(点数はウーデと同じだし)
まぁ、A得点が高い選手は減点もされにくいらしいですしね。

ロンドン五輪では100%の力を出してほしいものです。

楊 威、途中バランスを崩していたものの、手堅くまとめるのはさすがというか。

んでも今回はよく点が出る気がする。

冨田さん、日本らしい美しい演技を見せてくれて本当に良かった。

開脚旋回とかメリーゴーランドは冨田には似合わないしね☆

冨田があん馬で決勝進出という事実にびっくりしたんですけれども(得意種目というイメージがなかったのと、あん馬といえば鹿島だったので)、5位と健闘してくれたのとすばらしい演技を見せてくれてよかったです。

金 誌勲、この人もミスがあったんだよね。

申し訳ないんですが、あんまり印象に残ってないです´`

アーテネフ、落下してしまったものの開脚旋回が見られてよかった!かっこいい!

失敗するかも、というのを恐れずに攻めの演技をしてくれてよかったです。(今回B得点のために難易度を下げる選手も多い気がする)

フエンテス・ブスタマンテ、見ていてすごく好感を持てた。

落下してしまったものの、たった一人でしかもあん馬で。

がんばってくれてよかった。

なんか男子は全部結果にもやっとしているので、明日のつり輪と跳馬には期待したいです。

2008/08/18 00:00 |MatterCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。