スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

疾走

疾走 スタンダード・エディション疾走 スタンダード・エディション
(2006/05/26)
手越祐也

商品詳細を見る


重松 清 原作。

……暗かった。

原作も全体を通して暗いですが、映画も同じく最初から暗い(笑)

兄が学力優秀で幸せな家庭だったのが、どんどん家族がバラバラになっていき主人公も落ちていくという簡単に説明するとこんな話なんですけれども、見ているこっちも嫌な気持ちになっていくというか。

映像でこられる分、原作よりもぐさっとくるというか。

手越君も演技うまい!とは思わなかったけどジャニーズだとは思えなかった。

主人公の暗い部分がよく出ていて意外と良かった。雄たけびのシーンでは少し笑ってしまったけど。。

希望の光が見えるような終わり方なので良いんですが、最後のほうまで悲惨と絶望が続くので見終わっても気持ちが晴れないというか、ゆううつな気持ちになりました。。しかもなんか消化不良な感じだし。。

加瀬亮さん、大杉漣さんの役が狂ってる役なんですけれども、恐ろしかったです。。

中谷美紀さんが素敵でした。

暗いのはもういいや……(笑)

これ見ると本当に大笑いできるくらいの作品が見たくなります。。


2008/07/02 02:06 |MovieCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。