スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

グラスホッパー

グラスホッパーグラスホッパー
(2004/07/31)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


伊坂幸太郎、ほんっとうにはまっております。

こんなおもしろい作家だとは思わんかった。

さて、これの帯には、おもしろいにもほどがある!と書いてありどんだけおもしろいんだよ。と心の中で突っ込みましたが、おもしろかった!

でも重力ピエロなど他の作品のほうが私は好き。

なんていうか、テンションが低めというか。淡々とすすむというか。

いや、話の動き的には結構大きい波なんですけど、淡々としているように感じた。

どっちかというと、私には合わないほうだったんですがそれでもおもしろかった。

それにしても登場人物の濃さは相変わらずですな。


なんか、村上春樹の作品に出てきそう…と思った。

2008/05/17 01:53 |booksCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。