スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

対岸の彼女

対岸の彼女対岸の彼女
(2004/11/09)
角田 光代

商品詳細を見る


直木賞でしたっけ。(なんかミーハーだね、私)

図書館に行ったら、これが5,6冊あったのが目に付いたので読んだ。

角田光代さん、いっつもどっかで聞いたことある名前。。と本屋で見るたび思っていたんですが、キッドナップ・ツアーの作者だったんですね。

小学生の時に読んだような気がする。

そして伊藤たかみの奥様でもあるんですよね。

まぁ、どうでもいいや。

全体的に淡々とした感じでした。

小夜子目線の話よりも、葵が高校時代のときの話が好きでした。

ホント私は青春小説好きだなぁ。

自分が高校生だからかしら。

話の展開もおもしろく好きだったんですが、終わり方がちと物足りなかった。

好きか嫌いかでいえば好きだけど、人におすすめするほどではありませんでした。

2008/04/25 01:09 |booksCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。