スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

博士の愛した数式

博士の愛した数式博士の愛した数式
(2003/08/28)
小川 洋子

商品詳細を見る


いまさらですが。

なぜか今まで読みたいと思うことがなかった。

多分ですが、私の頭の中の消しゴムみたいな話を想像していたから。

感動系ラブ・ストーリーってあんまり好きではないんですよ。

そんなことはともかく。

なんか……本屋大賞に選ばれただけあるなと感じた。

そして映像化するにはぴったりだとも思った。

読んでいてほっとするような作品でした。

強く印象には残らないけど、ふとしたときに思い出すというか。

ええ。

いろいろなことを数字を使ってあらわすというのもおもしろかった。

小川洋子氏、どこかで聞いたことあるなと思ったら、ミーナの行進の作者でしたね。

ミーナ~は私には合わなかったのですが、博士の~を読んで小川さんのイメージが変わった。

2008/04/22 13:13 |booksCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。