スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

卵の緒

卵の緒卵の緒
(2002/11)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る


村上春樹にもはまってるんですが、瀬尾まいこにもはまってるんです。

二人とも、まだ2冊しか作品を読んだことはないけれど、ファンだ!

これも、前回読んだ幸福な食卓と同様家族の話。

卵の緒のほかにももう1篇はいっていまして(もう返してしまったので、タイトルがわからないのですが)

私は、そっちのほうが特に良い、と感じた。

高校生の姉と、小学生の弟(母親は違う)が主人公なんですが、この小学生の弟(七生っていうんですけれど)七生くんが、良いキャラでして。

神木龍之介?クンが七生役で実写化したらおもしろそう、と思いながら読んでいました。


本当に神木くんがぴったりなの!

頭の中にはこの話のセリフを話している神木君がいたからね(笑)

とにかくこの人の描く「家族」が大好きです。


女の子にはぜひおすすめしたい。

あっ、バイト先の大学生におすすめしよっ。

2007/12/06 22:13 |booksCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。