スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

幸福な食卓

幸福な食卓 幸福な食卓
瀬尾 まいこ (2004/11/20)
講談社

この商品の詳細を見る


表紙読みならぬタイトル読み。

人におすすめされても、表紙、タイトルが気に入らなかったら読みにいかない私。

でも、表紙とかで決めてるから借りても読まなかったりすることも多いんだな。

家族を主体とした4編を収録。

これはかなり良かった。

すごく好き。



主人公が同年代(青春小説大好きw)ということもあるけれど、もしかしたら家族が中心の話が好きなのかもしれない。

なんかね。

こんな家族良いなと思ったよ。

読んでて楽しく、飽きなかった。

そして最後2,3ページのところでは泣けた。

電車の中だったけど。

読後感は、すごくほっとする。

あったかい話。

普遍的だけど、ありきたりではない。

ものすごく好きな小説だった。

文庫でも出ているらしく。

欲しいくらい。

話の展開は早いんだけど、のんびりと進んでいく。

良かった。

なんかね1行1行にすごくいろんなことが詰まっているなと感じた。

そして女性が書く小説はやっぱり流れるような文だね。

読んでいて実感した。


2007/11/21 00:09 |booksCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。