スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

あんね

アンネの日記 アンネの日記
アンネ フランク (2003/04)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


前にも似たような記事書いたかも。

また借りちゃいました。
アンネの日記。増補新訂版。

深町眞理子氏訳。

アンネの日記は、文庫(もちろん深町氏の訳)で持ってるんです。

んでも、やっぱりこれが好き。

朝倉めぐみさんの挿絵。

アンネの日記は何度も改訂されて出ているけど、朝倉めぐみさんの絵が表紙のこれが一番好き。

朝倉さんの絵で、せつなさが倍増される気がする。

小さなカットがちらほら、という感じなんですがそのカットひとつひとつに、人の存在感が全くないんですよ。

さっきまでいたのに、今はいない、っていう感じで。

アンネの日記、読みたくなったら、これを借りてきて読んでます。。

文庫買った意味ない。。

でもこの増補新訂版、あんまし売ってないんですねー(´・ω・`)

図書館の本だけど、買い取りたいくらいw



やっぱり、フィクション好きだなあ。


最近、小説を全く読む気がしない。

試しに、苦手意識がある村上春樹を借りてみたけど。

読了する日がくるんでしょーか。

2007/11/19 00:44 |booksCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。