スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

「赤いくつのハンナ」

赤いくつのハンナ 赤いくつのハンナ
マリア ハウスデン (2003/01)
アーティストハウスパブリッシャーズ

この商品の詳細を見る


正直、こういう本って多いから、感想もありきたりな感じになってしまうのですけど。

3歳の女の子ハンナが、癌になってしまって…という話。(話っていうか、ノンフィクションですけど)

普段、私は本とか映画とかドラマでは泣かないですけど、文中にある、「あたしのこと、ぜったいに忘れないって約束してほしいの」ってとこではぐぐっときてしまいました。

でも、なんかあっさりしすぎかなという印象も受けました。

や、濃くなっても、闘病記みたいな感じになって重くなっちゃいますけど。


「死」がテーマでも、読んだ後、気持ち良く感じられるような。
達成感っていうのかわかんないけど、そういうのがあったな。

良かったけど、やっぱり内容はありきたりだよね。
読むたびに考えさせられたりしますけど。

星3つ半くらいかな。





2006/06/18 00:07 |booksCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。