スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

桜の季節

先日、天気はあいにくの雨でしたけれど、桜が咲き始めているのを発見してうれしくなりました。

テレビのニュースで、全国各地で開花宣言があったのは知っていたのですがまだ地元で桜が咲いているのを見ていなかったのです。

なんで桜はこんなにうれしい気持ちにさせてくれるのだろう。

やっぱり、桜が咲くと春がきたという感じがしますね。

季節が変わるのは早いなあ。


桜といえばフジファブリックの桜の季節。

フジファブリックの志村氏の訃報を聴いてから、フジファブリックの音楽を聴くとなんだか悲しく、苦しくなってしまって聴いていなかったんですけれども「桜の季節」を聴こう。と思った。

3ヶ月経とうとしてるけど、まだ悲しい。

しかし、私の中で春の歌といえば「桜の季節」とスピッツの「春の歌」

これを聴かなきゃはじまらない。



ジョージ・オーウェルの一九八四年を読んでいたら、来月発売の村上春樹氏の1Q84の3巻がとても楽しみになってきた。

予約してないんですが、買おうかな…

1巻、2巻はパートさんに借りて読んだけれど今はそのパートさんやめてしまったんだよなあ。。。



スポンサーサイト

2010/03/25 01:21 |From MobileCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

あらら

もう3月も折り返し地点ですか。

はやー。

3月に入ってから、読書して音楽を聴いて時々勉強して(←これからは勉強と趣味に費やす時間が反対になるようにしなければ…!)過ごしてます。

インドア……です。

全然外出してないです。


そうそう、3月14日はホワイトデーであるのと同時に円周率の日でしたね。

円周率、どこまで覚えられるか同級生と競ったものです。

今の小学生は"3"で勉強してるんですよね。

3.14に戻ったんでしたっけ。

私は3.14で習いましたが、私は図形が苦手な子でありながら計算もゆっくりでないとできない子でしたので円周率が3というのはとても計算がしやすくなるというのでうらやましかったりします。

(あ、図形が苦手といいつつもコンパスや三角定規を使って図形を描くのは好きでした。)

しかし、きちんと正しい数字を使って計算したほうが良いじゃん!という気持ちもあります。

なんか3っていうのはずるをしている気がするのです。

3で計算するのが間違いってわけじゃないですけどね、楽なほうの道を選ぶのが嫌いな性格なので。

数学で2種類解き方がある問題は必ず2種類両方やる子でした。

等差数列?等比数列?どっちか忘れましたが、苦戦したなあ。。

…高校で数学を好きになったせいか、高校でやった授業で一番覚えているのは数学だったりします。

そんなことはともかく、私は小学校で台形の求め方を教えてもらってない世代なんですが中学でやったときに小学校のときに習っておきたかった!ってすごく思った記憶があります。

円周率もそうだけど、勉強って簡単にして端折るよりも難しくてもいいからいろんなこと教えてもらったほうが楽しいし印象に残ると思います。


だからゆとり教育の見直しで、理科の教科書とかまた厚くなるらしいですがすごくうらやましかったり。

2010/03/17 03:02 |MatterCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「卒業」

「卒業」

もう10日前になりますが、4年間通った高校を卒業しました。

あっけなく終わってしまいました。

なんか…世間一般に言えばマイナーな方といえる定時制に通ってたわけですけれど、良かった。

うん。

正直、やっぱ普通の高校行った方が良かったよなぁ…と思うこともありましたけれど、終わってみれば自分の進んだ道は間違ってなかった、とまだ胸は張れませんが言えます。

胸張って言えるようになるようこれからも頑張らねば。


高校4年間で、それまでとは比べ物にならんくらい充実した時間を過ごせたと思います。

年齢も様々で、個性派揃いのクラスメイトでしたが皆優しくて、教室の雰囲気も自由すぎたりゆるゆるだったりしましたがすごく好きだった。

自分よりも6つも年上の人と、高校生やるって普通の高校じゃできないからね。

先生達も、担任は人として最低な人でしたけどその他の先生は皆素敵な人たちばかりだった。

数学好きになったのは自分でもびっくり。

勉強以外のことでも、いろいろお喋りしたりして。

高校入るまで、先生と授業に関係ないことをしゃべったりするなんてなかった(というか興味なかった)のでね、良いか悪いかはわからないけど自分変わったなーと思いました。

私の学校では毎年、全校生徒と先生によって文集が作られるんですけれど先生達が書いていた文を読んだら思わずうるっと来てしまった。

卒業生一人一人にコメントを書いてくれた先生もいたし。

先生に教えてもらえて良かったな~と心から思った。

4年間楽しかった!というだけではなくいろんなことをいっぱい吸収して大きく変化できた4年間でした。

高校入った時の私と今の私では全然別人だと思う。

卒業式の日寂しいとは思ったけれど、名残惜しくはなかったです。

名残惜しんでる場合じゃない、っていうね。

早速前を向いて進んでいかなければ、と思った卒業でした。


しかし、式が終わって退場するときなぜかレミオロメンの粉雪が流れ出し卒業生全員爆笑だったんですが……。

爆笑しながら退場ってあるのか?普通…

最後までゆるかったです。

2010/03/10 13:24 |MatterCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。