スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

俺占い

最近流行っているのかよく見かけるのでやってみました。

03

占い師「銀座の俺」による「俺占い」の結果。

らすくには、こういう傾向がある。

・イザという時に頼もしい
・ただならぬ気配を発している
・心の底に正義感をもっている
・誰にも負けない特技をもっている
・見た目で誤解されることがある
・燃えたぎるハートをもっている
・なかなか物を捨てられない


特にらすくには、こういう傾向がある。

・占いは信じないと言いつつ見てしまう
・本気を出せば自分はすごいと思っている
・裏切られるのが怖いという言い訳をする
・人前では強気だけど実は小心者
・電車で席を譲るタイミングがわからない

俺かららすくへのアドバイス。

・メールの返事は素早くしておけ

by 俺占い
→ http://oreuranai.com/

(c)無料ゲーム屋ふりーむ! http://www.freem.ne.jp/

本名でやってみたんですがー

結構当たっている気がする。

アドバイスはごもっともすぎるw

私メールの返事が遅くて、ひどいときは1ヶ月後とかなんですよ(´・ω・`)

気をつけますw

スポンサーサイト

2009/08/30 03:29 |MatterCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

20代まであと1年ちょっと

三島由紀夫の「潮騒」を読みました。

村上春樹の「ノルウェイの森」を読みました。

2冊を読んで思ったこと。

これ10代のうちに読んでおいてよかった。

特に潮騒は10代の夏に読めてよかった。

本当に。

10代だからこそおもしろく読めるとかそういうのではなくてですね。

10代という人生経験も未熟で社会の荒波にも飲まれていない(全員がそういうわけではないですが)世代だから、学生という身分だから、未成年で責任をそこまで持たなくて良い年代だから感じられることがあると思うのです。

20代以降も10代の気持ちを忘れない!とかいう意見は置いておいて、年を重ねるごとに人間は確実に成熟していくと思うから若いときの経験って貴重だなあと思った。

いや、まあ誰でもわかることなんですけれど。

早く成人して選挙権ほしい!とか思ってましたけれど

20歳まであと1年半もないんですよね。

中学生の時とかにバイトができる16歳までが長いなーと思ったり、車の免許が取れる18歳までが長いなーとか思っていたけれどこう考えてみるとあっという間。

むしろもう10代が終わろうとしているのか?!と寂しく感じたり。

残り限られた10代、いろんなことを貪欲に吸収していこうと思いました。

寂しいと思いつつも、これからくる20代、30代、40代も楽しみですけどね。

今回の総選挙も参加できないのが悔しいくらいだしね。


この記事も年とってから読むと恥ずかしくてたまらんでしょう(´・ω・`)

ま、今しか書けない文章だからよし。


つーか、最近なんか文章がうまく書けな…い…。スランプかなあ。

2009/08/27 04:58 |MatterCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

*

私は、ラジオを聴いていてこれは!という曲があったら携帯電話で誰の何の曲か調べてそのページを画面メモで保存しといて、

後でその曲をiTunes storeで買ったり、youtubeで聴きなおしたりして新たな音楽を発掘したりしています。

この間ブラック・アイドピースのアルバムからのシングルがラジオで流れてまして。

ブラックアイドピースというと自分からは絶対聴かない人たち。

その曲は私のブラックアイドピースのイメージと違っていて、驚いたっていうのはどうでもいいとして。

後でyoutubeかなんかで調べよーと思って、曲名忘れないためにそのときもケータイで画面メモしといたんです。

でまー、ずっと画面メモしてたことを忘れてて、今日思い出して画面メモ見てみたら

保存されていたのはブラックアイドピースじゃなくてYUKSEKのTonightがオンエアしてましたという画面。

更新もしてないのになぜ?!

全く記憶にないのに、保存されていた(笑)

しかも肝心のブラックアイドピースの曲名はわからないし…(最近の曲なのですぐに判明しましたが)

YUKSKEなんていう人は全く聞いたことがなかったんですが

Youtubeで動画見てみたら、エレクトロニカ?な曲で割りとよかった。

かえって間違えて保存していてよかったかも!

しかも今年のサマソニに来ていたとは。


なんともわかりにくい文章を書いてしまいましたけれども、手違いで新たな音楽を発掘できてよかったというおはなし。


2009/08/26 02:41 |MatterCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

村上春樹「1Q84」

1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


私の自室には本棚がなく、ハードカバーの本は場所をとるので買わないようにしています。

ので大好きな作家である村上春樹さんの新作も文庫化するまで我慢するか……と思っていたところ、バイト先で仲良くしていただいているパートさんが持っていて、

お借りすることができました.+:。(´ω`*)゚.+:。

読んだ感想・・・結構重かった。ページ数ではなく。

どっしりと腰を据えて読みたい感じ。

私は割りと読むのが早いほうなんですけれども、2週間もかかってしまった。

まぁ、他の本も読みながら読んでいたせいもあるんですが。

村上さんにとって初の三人称で書かれた作品だそうで、ちょっぴり違和感。

村上さんといえば「僕」という一人称で進むイメージだからなあ。

二人の主人公のうちひとりが女性だったところにもびっくり。

根本は今までの村上さんと変わってないなと感じたんですけれども、

今までの作品とは確実に違っていて、それが進歩なのか劣化なのかはまだわからないけれどここにきてまた今までと違うものを作り出したというところは単純にすごいなあと思いました。

今までの作品よりもわかりやすく、万人向けになっている…気がする。

なんとなく終わり方が読めたような気もするので、期待を裏切ってくれないかなという期待を下巻にこめようと思います。

ここからネタバレというか内容にふれます→小説の序盤で、文学を本当に理解している人なんてほんの少ししかいないんだ、的な部分があってこれがすごく印象に残ってまして。

確かに、今の本業界は売れるものが売れている節があるものなあ。

皮肉も混じってると思いますけれども。

「おれが望んでいるのは、文壇をコケにすることだよ」というせりふには村上さんの文学への愛を感じました。

2009/08/23 03:24 |booksCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ジルスチュアート

ジルスチュアート、

名前は知っていたけれど、パッケージがコッテコテなイメージで今まであえて手を出してなかったブランドです。

しかし、

先日今年社会人となったお友達が初任給でジルスチュアートのボディミルクとリップグロスをプレゼントしてくれまして。(幸せものだなあ、自分(*´・ω・`)



かっ、かわいいっ!!!

こんなにどストライクだとは思わなかった。

中身もなんですが、箱もかわいくてきゃあきゃあ言いながらあけてました。

見た目もだけど香りも素敵!

さすが、世の中の多くの女性を虜にしているだけあるな!

持ってるだけで女の子でよかった!と思わせてくれます。

他のアイテムも欲しいなーなんて思い始めちゃって。

香水とチークが欲しいです(´ω`*)


新たな自分が発見できました。

2009/08/21 21:14 |MatterCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

*

おととい、何年ぶりかに花火をしました。

したというか、ほとんど他の人がやっているのを見てるだけでしたが。
私の住む町では、花火大会も廃止になったので花火自体見る機会がほとんどなくてですね、本当に久しぶりに見たんです。

まぁ、打ち上げ花火じゃないですけど。

すごく綺麗だった。


けど切なかった。

花火ってこんなに切なくなるものだっけ?と思った。

子どものころ親子でやったのに、今はもう家族でやってないなぁとかね

夏がもうすぐ終わっちゃうのか、とかね。

もうすぐ10代も終わりだなーとか。

いろいろ頭の中に浮かんできてね、終わった後の帰路でも切ないなあとか将来について考えながら歩いておりました。

それだけです。

私は、夏休みになっても大体いつもと変わらない生活を送っていて休みだから遊びまくったりとかしないので毎年、せつなくなったりとか寂しくなったりとかしないんですけど

今年はなんだか例年とは違う感じ。

ちょっぴし夏が苦手になった。

2009/08/20 00:58 |MatterCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

*

さとーさん

誕生日おめでとう!\(^o^)/

もう今日も終わりそうですが、昨日の記事でお祝いするのわすれてたので(´・ω・`)

2009/08/12 23:43 |From MobileCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

第792回「夏の歌と言えば?」

FC2 トラックバックテーマ:「夏の歌と言えば?」



夏の歌……

漠然としたイメージだったらスピッツの「渚」ですが

個人的に夏になると聴きたくなるのはYUKIちゃんの「サイダー」。

すごく好き。夏のあつーい時に聴くのが心地良い。

しかし、毎年夏にはまる曲っていうとやっぱし重い曲よりも軽めな曲が多くて。

Museなんかは寒いときに聴きたいですね(*´・ω・`)

去年は、The Clash

おととしは100s

その前はビーチボーイズとロコフランク

とまぁ、はまってきました。

今年は特定のミュージシャンや曲にはまっているというよりも万遍なく聴いている感じです。

YUKIちゃんの「サイダー」はばっちし聴いてますがw

2009/08/12 05:36 |MatterCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

第787回「オススメの映画」

FC2 トラックバックテーマ:「オススメの映画」

チェブラーシカ [DVD]チェブラーシカ [DVD]
(2008/11/21)
不明

商品詳細を見る


最近、知名度もあがってきたチェブラーシカ。

私が知ったのは、確かロシアの体操選手たちが表彰台で持ってたことからだったと思いますが、ソ連時代に作られた作品。

ちょっと前に映画館で上映されてましたね.+:。(´ω`*)゚.+:。

キャラクターとしては知ってるけど、実際には見たことないっていう人が多いと思うのでおすすめ。

4つの話が入っていて、ロシアでは同じ作品が何回も繰り返し見られているという。

もー、チェブラーシカの魅力が詰まってます。

疲れてる時に観ると、チェブラーシカと仲間たちに癒されてほっこりします。

かわいいだけじゃなくて、ストーリーも結構良いお話なのです。

ところどころくすりと笑えるシーンもあったり。

ロシア民謡っぽい切ない感じの音楽も加わって、ミッキーマウスとかとは違う良さがあります。

私のケータイの着メロもチェブラーシカの中で歌われる「おたんじょうびのうた」だったり。


近いうちにNHKBSで放送されるみたいなので、BS見られる方はぜひ観てほしいです(・ω・)

2009/08/05 01:19 |MatterCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

c

コードが写っててムードもへったくれもないですがw

最近、キャンドルがすき。

いや、元々好きだったんですがしばらく使ってなくて久しぶりに引っ張り出してみたらはまっちゃったっていう。

写真のキャンドルは誕生日にプレゼントしてもらったものでチョコレートそっくりのキャンドル。

思えば、子どものころからキャンドル好きでした。

バースデイケーキのろうそくとか大好き。

親がクリスチャンのせいかどうかはわからないけれど、子どものころからろうそくに親しみを持っていた気がするんですよね。

ろうそくの匂いを嗅ぐとなつかしく感じる。

ろうそくの灯りを見ていると落ち着きます。

あと、私はライターが怖くて使うことができないのでマッチで火をつけるんですが

マッチをこすって火をつけるのも好き。

火をつけたときに出る匂いが好き。


火事にだけは注意してキャンドルを楽しもうと思います.+:。(´ω`*)゚.+:。


っていうかデジカメ購入を本気で考えよう。

お金ないけど。

2009/08/02 03:59 |From MobileCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  

*

レジ袋をもらわない人が4年前と比べて倍になったそうで。

私の住む町では今年からレジ袋有料化したんですが

やっと、エコバッグをいつもバッグに入れておく習慣ができてきました。

エコバッグについて、メーカーが得するだけで地球環境にはちっともよくないっていう方もいますけれども、(私の友人にもいう)地球環境が悪化しているのは事実なのだしね

何もやらないであれこれと理屈をこねるより、身近なことからでもいいから何か実行するほうがいいよなぁと私は思います。

ビニール袋は海や川に捨てられると魚など生き物が死ぬ原因にもなるしね(´・ω・`)

私は、海の生き物が何気に好きなので人間が捨てたもので動物が死んだっていうのを聞くととても心が痛む。

日本はペットボトルのリサイクル量が世界1位だけれど、それは日本人がペットボトルをよく利用するからっていうのを知って、水筒を持ち歩くようにしようと思いましたよ。

でも水筒やタンブラーを買うことさえしてないというw

だめだなあ、自分。

なんだか環境について考えさせられたので、日ごろの自分について反省します…

2009/08/02 02:02 |MatterCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

7月に読んだ本

8月に突入。

夏休みも残り30日。

1日1日を大事にしてすごそうと思います。

7月は、読書とイタリア語と音楽に浸かってすごしたといっても過言ではないです。

本当に本ばかり読んですごしていました(´・ω・`)

それはそれで楽しいですが。


6月の終わりから読書メーターに登録してみたので、追記に7月に読んだ分のまとめをはりつけときます*

こうして振り返ってみると、伊坂幸太郎と村上春樹が大好きみたいです(笑)

軽い作品ばかり読んでいたので、8月は腰を据えて読むような重い作品のも挑戦していけたら……と思います。

7月に読んで一番印象に残っているのは、太宰治の「駈込み訴え」。

もっと太宰を読みたい!とすごく思った。

もっと早く読んでおけばよかったと思ったのはフランツ・カフカ。

まだ「変身」しか読んでおりませんが……。

続きを読む »

2009/08/01 02:51 |booksCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。